浴室等に発生するカビについて

これから梅雨の機会です。なので気になるのが浴室等に発生するカビです。もしもカビが発生したら普通でしたら浴室の邪魔や床のみを掃除すると思います。ただし、ではカビを一部始終保全できたとはいえないのです。なぜならば、限度にもカビは発生するからです。限度に発生した見えないカビの胞子が下に落ちて新設カビを作ってしまいます。限度の保全こそが最生と言えます。
その限度の保全のコツですが、これはとっても簡単です。ドラッグストア等に売っているエタノールを雑巾につけて限度を拭くだけで殺菌をすることができます。これは、エタノールのカビタンパク質解体の役目によるものです。しかしながら、エタノールには漂白役目がないので変色まで落としたい方法は手間がかかりますが漂白剤を使うことをお勧めします。
保全に使うエタノールは二種類あり、無水エタノールと滅菌向けエタノールです。前者の物は水気をまるで含まない結果、滅菌効果がないとされています。なので、滅菌向けエタノールを使いカビだけではなく、その他の保全や滅菌に使うことができます。着物は、高額買取してもらえます

ロボットや人工知能の本格的な登場

最近私が非常に気になっていることは、ロボットや人工知能の本格的な登場です。

シュワチャンの出ている映画「ターミネーター」ような、ロボットや人工知能が人類を滅ぼす恐怖はさすがにまだありません。

identitt

しかし、ロボットや人工知能の本格的な登場によって、私たちが今後職を失う確率や職が見つからない確率が高まったことは非常に気になります。

もちろん、数年でそうした状況が来るとは思いませんが、私達が想像しているよりも早く来るのは間違いないのではないでしょうか。さすがどう考えても精度の良くなったロボットや人工知能と生身の人間が職場で競い合っても、負けるのは目に見えています。

こうした新しい環境下で、私達がどう生きていけるのかまだ分からないことも不安をさらに仰ぎます。

こうした構造的変化に対しては、私達は何もできません。ですので、政府が前もってしっかりした対応を取ってくれることをただ祈るばかりです。そうすれば、こうした不安も幾分かは和らぐのかもしれません。